明智光秀の出生の地!?明智城(明智長山城)址へのアクセスガイド

中濃エリア

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により、本文の内容と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

2020年の大河ドラマの主人公に選ばれたのが明智光秀。

可児市や恵那には明智という地名が残っており、そこで可児市にあるのが明智城。

明智光秀の出生の地とも言われている、お城です。

現在は単なる山で何もありませんが、それでも名残は残されており、登山道もあります。

アクセス

場所は可児市にある花フェスタ記念公園の西側です。

東海環状自動車道の可児御嵩町ICからすぐ。

電車の場合は、名鉄明智駅から直線距離で1kmです。

花フェスタ記念公園まではバスもあるので、
公園のアクセスを参考にしてみてください。
花フェスタ記念公園からであれば、直線距離で500mです。

http://www.hanafes.jp/hanafes/access

駐車場&登山道

城山の登山道入口に意外としっかりした駐車場があります。
場所は本丸から見て北側。
10台くらいは停められます。

しかし、明確な住所がありませんので、
東隣にある天龍寺の住所を頼りに行くと良いかもしれません。
この天龍寺にも、明智家歴代の墓がある、ゆかりのある場所です。
光秀の巨大な位牌もあります。

天龍寺
〒509-0213 岐阜県可児市瀬田1242

一見して南側からの方が近そうですが、
けっこうな断崖絶壁のうえ、住宅地なのでクルマを停めるところがありません。

登山道

駐車場から登って、徒歩10分程で山頂の本丸に到着します。
帰りは元来た道を戻っても良し、反対側に降りても良し。

入口はこんな感じ。

大手門が再現されています。

中腹にある広い場所。水道設備があります。

山頂に到着!!
本丸は広いです。

駐車場と山道も整備されていますので、大河ドラマの際は、ぜひ、足を運んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました