恵那市明智町にある、「麒麟がくる」ゆかりのスポット

城跡・史跡

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により、本文の内容と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

明智光秀の生誕地の一つとされている恵那市明智町。

ドラマには登場しないものの、明智町という町名の通り、光秀に関するスポットが多くあります。

その他、光秀とは関係ないですが、岩村城等、多くの史跡があります。

ぎふ恵那・大河ドラマ館(日本大正村内)

日本大正村の中に作られました。
光秀の魅力やドラマの世界館を大正ロマン館の1Fで展示される。

落合砦・明智光秀公産湯の井戸(千畳敷公園)

かついて落合砦とよばれ、戦略上の重要拠点だった。

現在は千畳敷公園として整備されている。

光秀がこの砦で生まれたという伝承があり、産湯に使われたという井戸が残る。

恵那市明智町974-10(Googleマップ)

明智城

光秀との関係性ははっきりしないが、明智城の中心にある城跡。

標高530mの山につくられた土盛の城。

別名白鷹城。

恵那市明智町(Googleマップ)

明智光秀公学問所(天神神社)

明智城と同じ山にある神社にある。

菅原道真を祭る天神神社の境内にある学問所。

若かりし光秀が京都嵯峨天龍寺の学僧を招き、ここで勉学に励んだといわれている。

恵那市明智町1318-2(Googleマップ)

龍護寺・明智光秀公御霊廟

明智城を拠点に周辺を治めた明智遠山家の菩提寺。

光秀はこの一族の出身という説もある。

境内には光秀の御霊廟が立つ。

恵那市明智町1389-1(Googleマップ)

於牧の方墓所

光秀の母・於母の方の墓所。

於牧の方を偲んだ里民によって建立されたと伝わる。

石塔のそばにそびえる樹齢400年を超える老樹・高野槙は、神木として崇拝されている。

恵那市明智町1175-1(Googleマップ)

ついでに行きたい、その他の歴史スポット

岩村城跡

戦国時代には、織田信長と武田信玄が奪い合った城。

織田信長の叔母が城主をつとめた、女城主の逸話が有名。

江戸時代には岩村藩の城となり、現代では山頂にそびえる石垣が有名。

恵那市岩村町城山(Googleマップ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました