西濃エリアにある、城跡・史跡スポット 8選

城跡・史跡

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により、本文の内容と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

西濃地域は、古来から主要な街道が通っていて京都にも近かった事もあり、多くの史跡があります。
古代には古墳、不破関や美濃国府があり、
源平合戦の名残も多く、中世には「関ヶ原の戦い」がありました。

大垣城(大垣市)


大垣市の中心部にある、大垣市のシンボルです。
日本100名城の一つです。
天守は戦時中に空襲で焼失してしまい、現在は鉄筋コンクリート製による復元天守です。
平山城ではありますが、ほぼ平城と思うくらいに低い地形です。
周辺の市街地には水堀が残っており、総構えの町の様相が残っています。

関ヶ原古戦場(関ヶ原町)

関ヶ原一帯にスポットが広がります。
近年、整備され、様々な施設もできています。
別記事に詳しくまとめていますので、そちらをご覧ください。

「関ヶ原の戦い(関ヶ原の合戦)」にまつわるスポット8選

墨俣一夜城(大垣市)

この投稿をInstagramで見る

城フォト(@shiro.photo.jpn)がシェアした投稿

戦国時代に木下藤吉郎が築城したお城。
稲葉山城攻めの際、一夜で作った事から、そう呼ばれています。
しかし、現在は当時には無かった立派な天守が建っています。
春は桜が有名なスポットです。

大垣市墨俣町墨俣1742−1(Googleマップ)
https://www.city.ogaki.lg.jp/0000000723.html

海津市歴史民俗資料館(高須城)(海津市)

この投稿をInstagramで見る

遥(HALU)(@halu.ki_yu)がシェアした投稿


歴史民俗資料館ですが、上階には高須城が再現されている、ハイブリッドな作り。
高須城は、江戸時代の高須藩のお城です。
徳川親藩の松平氏が城主をつとめていました。
会津藩の松平容保が生まれた藩として有名です。

歴史民俗資料館としては、水害に悩まされた地域の歴史資料が見れます。
川に面したロケーションは、水害が多いながらも川と共に生きてきた地域性が感じられます。

竹中氏陣屋跡(垂井町)

この投稿をInstagramで見る

下総入道(@shimousa_nyudo)がシェアした投稿

戦国時代の軍師・竹中半兵衛の陣屋跡。
現在は門だけ再現されています。
裏山には菩提寺山城でしたが、現在はわずかな名残があります。

この投稿をInstagramで見る

@oo9maがシェアした投稿

 

昭和43年から発掘調査が行われ、
近年、公園として整備されています。
建造物は何もありませんが、当時の国分寺のスケールを感じる場所です。
裏側には大垣市歴史民俗資料館が隣接されており、
様々な資料を見る事ができます。

昼飯大塚古墳(大垣市)

この投稿をInstagramで見る

SEI(@sei9406ran)がシェアした投稿

岐阜県内で一番大きな前方後円古墳。
住宅地の中にありますが、近年、整備されました。
現在は駐車場もあり、無料で見学ができます。

野古墳群(大野町)

この投稿をInstagramで見る

Masaya Kajito×梶東雅也(@kajito_038)がシェアした投稿

大野町には200基の古墳群があります。
その中でも野古墳群は7基の古墳がまとまって残っています。

揖斐郡大野町大字大字野(Googleマップ)
https://www.town-ono.jp/0000000491.html

円興寺

この投稿をInstagramで見る

MIO(@grand_bleu_12)がシェアした投稿

平治の乱で敗北して敗走した源朝長の墓がある。
また源義朝と源義平の供養塔がある。
戦国時代には織田信長に焼き討ちにあった事もある。
現在はひっそりとした場所にあり、紅葉の名勝としても有名です。

大垣市青墓町880(Googleマップ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました